バイナリーオプションのコツの実践例

ホーム / バイナリーオプションのコツの実践例

バイナリーオプションを利用してFXのリスク回避に備えよう

もし、相場が予想と外れたら…その為の保険として使う

リスクヘッジという言葉はご存知でしょうか?相場の動きに合わせてバイナリーオプションとFXの使い分けがリスクヘッジにつながります。

しかし、取引を併用することによって「失敗してしまった!」というリスクを回避できる方法があります。それをリスクヘッジと言います。分かりやすく説明しましょう。

例えば、FXで買い注文を入れたとします。買った円を売る場合、円が値上がりしてから売れば利益がでます。しかし、円が値下がりしてしまった場合、売ってしまうと損になってしまいます。

円の相場にあまり動きがない場合、FXによる損失よりも、バイナリーオプションで得た利益でカバーできる可能性があります。

スキャルピング取引と言って、わずかに動く円の値幅を稼ぐ方法もありますが、スキャルピングで稼げる利益は微々たるものです。1万ドルの取引でせいぜい数百円程度でしょう。

『バイナリーオプション』で50円のチケットを買っておけば、予想が当たった場合最大950円の利益が期待できるので、もしFXで失敗して損失が出てしまったとしても、バイナリーオプションで十分にカバーできるのです。

もし、逆にFXの予想が当たったとしても、バイナリーオプションによる損失はわずか50円。バイナリーオプションによるリスクヘッジが無駄となっても大きな痛手にはなりません。

万が一の事を考えて、リスク回避できる為の「保険」と考えれば安いものでしょう。

リスクヘッジの実践例①~スキャルピングの場合~

大きな損失を防ぐために保険を掛ける

バイナリーオプションをリスクヘッジとして上手に活用する具体例を紹介します。

例えば、FXでドルと円のペアを買い、1ドル120.000円程度でスキャルピング取引をしたとしましょう。

更に1回あたり、1万ドルで取引したとします。ドルと円が1銭動いた場合、100円の儲けとなります。

相場が119.600円まで下がったタイミングで買い、120.000円まで上がったタイミングで売れば、上がり下がりの幅が40銭ということですから、4000円の儲けとなります。

相場にあまり動きがない場合、微々たる値幅の動きで価格が変動するため、このような作戦が有効なのです。

しかし、時には相場が大きく変動する可能性があります。もし119.600~120.400円を飛び越えて、大きく下落又は大きく上昇した場合はどうしたら良いのでしょうか。

そんな時の為にバイナリーオプションを利用します。保険を掛けるわけですね。

120.400円以下になった場合と119.600円以上になった場合に合わせて払い戻しのできるチケットを購入します。

それぞれに50円のチケットを10口買ったとすれば、保険料として1000円です。どっちかの取引が成功すれば1万円が手に入るので、保険料を差し引けば9000円の儲けとなります。

FXで取引失敗してしまったとしても、保険を掛けておけば、大きな損失は免れるわけです。

少し危険性は高いのですが、こういったやり方だと安定的に利益を伸ばせるかも知れません。

リスクヘッジの実践例②~経済指標の発表があった場合~

予想に反した場合の為に備えておく

相場が大きく動くとき、それは経済指標の発表です。値が動くときはFXの方が有利と言えますが、しかし世の中何が起きるか分からないものです。

予想に反した値動きを見せることだってあるはずです。そんな時こそバイナリーオプションを利用することでリスク回避します。

一つ例を挙げてみましょう。欧州の債務問題が発覚し、EUの経済が不安定になったとます。

この時、あなたは「ユーロ/円」が下がると予想したとします。1ユーロ105.00円の時、FXで1万ユーロを売るために注文をしました。

ユーロが大きく下落した後に買い戻せば大きな儲けとなるという寸法です。

しかし、思い通りにいかず、予想に反する結果が出ることもまた投資です。

念のため保険として、バイナリーオプションでチケットを購入します。1ユーロが105.300円を超えた場合払戻金を受け取れるよう、50円で10口買いました。

予想通り、悪い結果となり1ユーロ104.500円になった場合、50銭の増幅によりFXの儲けは5000円です。バイナリーオプションで買った保険料500円を差し引いいても4500円の儲けです。

逆に、予想に反して良い結果となった場合。1ユーロ105.500円に上がったとしても払戻金から保険料500円を差し引き、9500円が儲けとなるのです。

FXによる5000円の損失を十分にカバーできます。

しかし、価格が目標の105.300円に満たなかった場合、これはバイナリーオプション、FXどちらも取引失敗となってしまいます。

株式やコモディティのリスク回避にも利用できる

バイナリーオプションはFXのリスク回避に利用できると説明しましたね。

しかし、リスクヘッジに活用できるのはFXだけではないのです。金、石油、穀物などを商品取引としているコモディティや株式にも有効なのです。

例えば、株を中心に取引している人なら、一般的に円高に進めば日本の株相場が下がりやすくなり、円安が進めば株相場は上がりやすくなるといった相関関係にあるのはご存知かと思います。

日本の株市場は自動車や家電といった輸出企業の株価によって大きく変動します。

円高が進めば、輸出しても円に換算すると利益が減ってしいますから、儲けにならないと株が売られていまいます。

円安が進めば利益となるわけですから、株が購入されて株価が上がるという仕組みです。

そのために、持っている株がドル/円相場の影響で下がっている場合にバイナリーオプションのチケットを購入します。

円高の場合に利益が得られるように保険を掛けておくことで、株で損をしてもカバーすることができるのです。

このような相関関係はコモディティも同様と言えるでしょう。為替を取引きとするバイナリーオプションだからこそ、株式やコモディティのリスク回避にも活用できるのです。